新元号だけど特に変わりなし

 

天皇陛下交代のニュースが流れてから新元号や新時代に沸いている日本だけど、いつも通りな自分。

新元号になったからっていい事がある訳ではないし、何かが変わるわけでもないですよね。なのにそこまで希望に湧く日本が全く理解が出来ません。

平成を振り返るニュースがここぞとばかりにずっと流れていたけど自分には特に何もいい事がなかったからでしょうね。
むしろ悪い事ばかりでしたね…仕事や家族、人間関係など。前世で余程悪い事をしたんだろうか自分と言う位に打ちのめされた平成でした。

なので平成はよかったと言う気持ちは少しも湧きません。また今も昭和が良かったと言う特に年配の人に根強い意見があるけど、
昭和は幼少の頃なのであまり記憶に薄いけどそんなにいい時代だったのかなぁ…美化しすぎじゃないのかなと思います。

確かに娯楽や設備、制度や仕事など自分の力で何とかできる時代ではあったかもしれませんが。

令和の元号も第一印象がまず良くなかったです。それは令の字がどうしても命令や指令などの令で強制的イメージが強いんですよね。

特に政治家が大嫌いの身なので政治家がドヤ顔で令和はいい元号でしょう~これからいい時代にしましょう~の姿勢でバンバンテレビに出まくっているのが不愉快です。
元号が決まっただけで支持率が上がるのも訳わからないし、国と言うか政治家のいいようにだまされている感が半端ないんですよね。

そもそも元号いらない、西暦だけでいい派なので余計かなと。
元号があると西暦と両方覚えなければいけないし正直覚えるの大変なんですよね、毎年毎年。

また新元号になるたびに〇〇の時代のように特別視されるのもあまり良い気はしないですし。
日本だけの文化なので多分ずっと続くんだろうし少数派で非国民扱いされそうだから外では言いませんが。

何にしろ新元号が決まり華やかなお祝いムードはありつつも淡々としている人も少なからずいる事に、ネットなどを見て少しホッとしました。
まぁ元号が何になろうと平成がものすごく酷い時代だったので少しは救われる時代になってほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました